(植木典子)

広瀬なかよしクラブ(放課後児童クラブ)では、子どもたちにとって第二のお家のような雰囲気を大切にし、子どもたちを危険な状態から保護することを基本としています。
その上で、異年齢集団としての特性を生かし、様々な遊びや生活、文化活動を通して、色々な経験を積み重ねること、相手を思いやる気持ちを育て、健康で豊かな生活をおくるよう援助していきたいと考えています。

「今日もたのしかった!」と思って帰ってもらうことを大切にし、学校での緊張などを、クラブだからこそ出せる姿として受けとめ、癒し、時には指導し、盛り上げながら、子どもたちがたのしんだり、癒されたり、学んで帰っていけるような放課後児童クラブをめざしています。