◆平和のつどい

8月6日に保育園の子どもたちと平和のつどいが行われました。

たいようぐみがうたや絵で「戦争や爆弾はいやだ。平和がいい。」と発表しました。

たいようぐみがつくった木の幹に、全園児が葉っぱをつけて、「高陽なかよしアオギリの樹」を作っているところ。(葉っぱには保護者がメッセージを書いてくれています)

完成した「高陽なかよしアオギリの樹」

8月7日の夜には保護者向けの平和のつどいが行われました。

保護者の前で幼児組の子どもたちが平和について、考えたことを発表しているところ。

2歳で広島の原爆を体験した山田寿美子さんのお話を聞きました。両親を亡くし、その後の寂しさと不安な人生、そして、今はいろんな人の思いに寄り添い、力を尽くしたいというお話。みんなで戦争、平和、そしてその後、今からを考える、とてもいい学びになりました。

つどいの最後みんなで「アオギリの樹」をうたいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です